Reality Marble

空想は具現化する?

【備忘録】Windows 8 64bit + GIMP 2.8 64bit で eps ファイルを開くおまじない

タイトル通りですが、今までと同じやり方だとうまくいかず、ちょっとはまったのでメモ。

 

  1. GIMPをダウンロード・インストール。
  2. Ghostscript 64bit 版をダウンロード・インストール。
  3. Ghostscriptのインストール先フォルダ配下の /bin  にある gsdll64.dll を、GIMPのインストール先フォルダ配下の /bin にコピー。
  4. GIMPインストール先フォルダ配下の /bin にある libgs-8.dll を適当にリネームし、gsdll64.dll を libgs-8.dll にリネーム。
  5. GIMP起動、ウマー!

 

といった感じでいけました。

 

ちなみに、Windows8 64bit / GIMP 2.8.4 64bit / Ghostscript 9.07 64bit で今のところ動作に問題はなさそう。

 

2013年7月4日 at 12:01 AM Comments (0)

Windows8 + S2340T マルチタッチモニタ 導入してみた。

20130310_01 20130310_02

Windows8、期間限定 3,000円 で手に入るうちに購入したっきり放置してましたが、やっとこさインストールまでやりました。

で、「Windows8 にしたのに何故かパソコンがタッチPCにならないじゃないか!」という事で・・・ではありませんが、ウリの1つであるタッチに最適化された?新UIを堪能してみるべく、それに対応したタッチパネル液晶を物色しておりました。

 

 

といった辺りをやんわり比較検討した結果、最終的に デル「S2340T」をチョイス。

最近はツクモやNTT-Xとかでも購入できるようですが、私が探していた時はデル以外での扱いが無かったので、自ずとデルサイトで注文することに・・・(余談ですが、気長に待つ事が出来ない人、日本メーカーレベルの手厚いサポートを求める人には、Webでよく見る評価の通り、デルはオススメしません)。まぁ、値上がり前の値段で注文出来たし、納期1ヶ月程度といわれていたところ2週間程度で届いたし、ドット抜けも無かったので良しとします。

 

で、とりあえず1週間とちょっと触ってみましたが、

 

  • Windows8、遊び用途かつ私のようにぐだ〜っと机に突っ伏してPC触るような人間には、新UIとタッチパネルはアリ、というかかなりオススメ。
  • S2340T、タッチの反応やら速度的な面など、操作感は悪くないです。多関節スタンドは可動範囲が広く、なかなか素敵。反面、ちょっと使っただけでも指紋等の汚れが目立ちます・・・グレアパネルだから余計?映像の綺麗さとか求めるなら、ディスプレイ環境をデュアル以上にして、コンパネ用と映像用に分けるとかした方が良さげ。
  • 通常、DisplayPortで出力してますが、一旦省電力モードに入ると、復帰後、何故かDisplyaPortからの信号が検出出来なくなる事が・・・この辺りはグラボが悪いのか、OSの設定が悪いのか、モニタ側が悪いのか、今のところ不明(そのうちちゃんと調べてみますかね)。

 

といったところ。

 

20130310_03 20130310_04

うちの場合は、HX800にも映像出しているので、その手前にS2340Tを設置。

普通の液晶モニタ的設置(左) と 23インチ+40インチデュアル化、タッチ操作しやすいようにちょっと下げて斜めにした状態(右)。

 

20130310_05 20130310_06

TV見る時とか「ちょっと邪魔だなー」と思ったら、水平に倒してしまうこともできます(このギミックに特に心惹かれて買った訳ですがw)。

ぺったんこにした状態は、何だか昔のビデオゲーム台さながらで、これでインベーダーゲームとかやったら、それはそれで面白いかも?w

 

20130310_07 20130310_08

PC画面の2画面表示(左)。MetroUI(でしたっけ?)でおさわりすることで操作します。

個人的には、ぐだぐだしながらWeb閲覧やら動画を見たりする分にはタッチ操作の方が楽な感じがします(あー、これ見るかなぁ・・・ポチッ、って感じで)。まぁ、この辺はスマホとかでタッチに慣れてきているから、というのもあるとは思いますが。

写真右は何となくパフォーマンスチェックしてみた図。他のパーツに比べて、グラボだけはちょっと型落ちしたヤツを使い続けているので、若干足を引っ張っている感は否めませんが、まぁ、こんな物でしょう。

 

そんなこんなで、まだ完璧に使い込めた訳ではないですが、少なくともぐだぐだ感あふれる趣味的用途には、この組み合わせはかなり効果があるんじゃないでしょうか(逆に、タッチ液晶じゃない or ジェスチャー使えないデスクトップでWindows8はイマイチ感の方が強く感じてしまうかも知れません)。

 

その他、お仕事用途や、もうちょっと違った遊びでの操作インプレも、追々してみたいと思います。

 

2013年3月10日 at 4:21 PM Comments (0)

Silicon Power SP032GBSDH006V10 (32GB)

 

先日購入・到着待ちのカーナビ用に買いました、シリコンパワー製のSDカード。

選んだ理由は単純に安かったから、というだけですが、データ入れる前に無意味にベンチマーク取得。

 

Sequential Read:19.070 MB/s

Sequential Write:11.109 MB/s

Random Read 512KB:18.856 MB/s

Random Write 512KB:4.709 MB/s

Random Read 4KB (QD=1):3.247 MB/s [ 792.7 IOPS]

Random Write 4KB (QD=1):0.701 MB/s [ 171.1 IOPS]

Random Read 4KB (QD=32):3.812 MB/s [ 930.8 IOPS]

Random Write 4KB (QD=32):0.835 MB/s [ 203.9 IOPS]

 

さて、これから音楽データ突っ込まないと・・・。

 

2012年5月19日 at 10:06 PM Comments (0)

【回想】昔の私的こだわりPCパーツ編

 

某PCパーツ屋さんだったころの知人と、久方ぶりに語らう機会があった。

今はネットで簡単に大量の情報が入手できるようになっただけに、何を買うにも比較するようになりがちだけど、昔はPCのパーツ構成も自分らなりのこだわりがあったよねぇ、って。そういや確かに・・・ということであの頃のこだわりブランドを何となく回想してみた。

 

  • CPU:Intel
  • メモリ:UMAX or Elixirチップなノーブランドw
  • HDD:Seagate
  • 光学ドライブ:Plextor(CD)・Pioneer(DVD) #何気にYAMAHA(CDR-F1)も捨てがたい
  • マザーボード:ASUS
  • ビデオカード:ATI RADEON
  • サウンドカード:Creative Sound Blaster
  • 電源:Seasonic
  • ケース:FREEWAY ViPミドルタワー
  • キーボード:FILCOメカニカル
  • マウス:Microsoftトラックボール

 

他にも、CDRのメディアは太陽誘電だべ!とかあったな・・・。

現在でいうところのカカクコムみたいなものはあまりなかったからレビューとか値段とかは今ほど考慮せず、多少値が高くついても、偏愛系でこれらのメーカを選んでいた。自分の好きなものを好きなように使う、ってのが一番楽しかったし。

 

じゃあ今は?と冷静に考えてみると何気に意固地?なのか、その昔の流れを半分以上踏襲してるな・・・各メーカ最新のパーツで組んだらある意味鉄板なマシンが出来上がりそうだ。。

 

という訳で、よし!今年は何かに迷ったら偏愛系で行こう!w

 

#あ、ちなみにオーディオ・ビジュアル系は完全にSONY信者でしたw

 

2012年1月12日 at 11:59 PM Comments (0)

Silicon Power microSDHC 8GB Class4

 

Lei01 のプログラムアップデート用microSDHCカードを買いました。

説明書によるとmicroSDの2GB以下もしくはmicroSDHCの8GB以下を使えということだったので、Silicon Power microSDHC 8GB Class4(SP008GBSTH004V10) をamazonさんでポチり。いつものように何となくベンチマークしてみました。

 

 Silicon Power microSDHC 8GB Class4(SP008GBSTH004V10)

Sequential Read:17.807 MB/s

Sequential Write:5.313 MB/s

Random Read 512KB:17.535 MB/s

Random Write 512KB:0.624 MB/s

Random Read 4KB(QD=1):2.630 MB/s[642.1 IOPS]

Random Write 4KB(QD=1):0.006 MB/s[1.4 IOPS]

Random Read 4KB(QD=32):2.920 MB/s[712.8 IOPS]

Random Write 4KB(QD=32):0.009 MB/s[2.2 IOPS]

 

ん~・・・こんなもんですか?激安だし。

もともとあまり期待しちゃいけないのかも知れませんが、特にランダムアクセスの値ってこんなもの?めんま(Xperia ray)にくっついてきたメモリーカードとかの方がもうチョイマシな数字が出てたなぁ。。

 

まぁでも、用途的にはちゃんと認識してくれればそれで良いっちゃ良いですが。

 

2012年1月5日 at 11:28 PM Comments (0)

Transcend microSDHC 32GB Class4

 

特に深い意味はないけれど、めんま用に32GBのmicroSDカード買ったので何となくベンチマークしてみた。

購入したのは Transcend microSDHC 32GB Class4(TS32GUSDHC4E) で、amazonあたりでは3,000円くらいでGetできるお手頃っちゃーお手頃なヤツ。で、ベンチ結果は以下の通り。

 

Transcend microSDHC 32GB Class4(TS32GUSDHC4E)

Sequential Read : 19.431 MB/s

Sequential Write : 4.615 MB/s

Random Read 512KB : 18.755 MB/s

Random Write 512KB : 1.448 MB/s

Random Read 4KB (QD=1) : 2.455 MB/s [ 599.3 IOPS]

Random Write 4KB (QD=1) : 1.415 MB/s [ 345.3 IOPS]

Random Read 4KB (QD=32) : 2.664 MB/s [ 650.5 IOPS]

Random Write 4KB (QD=32) : 0.874 MB/s [ 213.3 IOPS]

 

(比較)Xperia ray SO-03C についてた8GBのヤツ

Sequential Read : 19.418 MB/s

Sequential Write : 5.207 MB/s

Random Read 512KB : 18.958 MB/s

Random Write 512KB : 1.553 MB/s

Random Read 4KB (QD=1) : 3.065 MB/s [ 748.4 IOPS]

Random Write 4KB (QD=1) : 0.664 MB/s [ 162.0 IOPS]

Random Read 4KB (QD=32) : 3.032 MB/s [ 740.3 IOPS]

Random Write 4KB (QD=32) : 0.532 MB/s [ 130.0 IOPS]

 

(おまけ)Xperia SO-01B についてた16GBのヤツ

Sequential Read : 13.987 MB/s

Sequential Write : 5.589 MB/s

Random Read 512KB : 12.925 MB/s

Random Write 512KB : 3.555 MB/s

Random Read 4KB (QD=1) : 0.883 MB/s [ 215.6 IOPS]

Random Write 4KB (QD=1) : 0.296 MB/s [ 72.4 IOPS]

Random Read 4KB (QD=32) : 0.563 MB/s [ 137.4 IOPS]

Random Write 4KB (QD=32) : 0.270 MB/s [ 66.0 IOPS]

 

まー、こんなもんでしょうかね・・・?

とにもかくにも、これでやっとデータ移行に手をつけられますw

 

2011年10月19日 at 12:59 AM Comment (1)

はーとふる彼氏 ~希望の学園と白い翼~

 

はーとふる彼氏 ~希望の学園と白い翼~

 

なにかと噂の鳩ゲー、ゲットしましたw

登場するキャラはすべて鳩・鳩・鳩。イケメン?鳩とのラブストーリーを楽しむ究極の乙女?ゲー「はーとふる彼氏」。Win/Mac両対応で、メロンブックスホワイトキャンバスK-BOOKSで委託取扱中。ちなみに、9/4(日)の夕方にホワキャンに行った時は10枚弱くらい店頭に並んでいました。

 

まーなんというか、ある意味で激しく同心ゲーっぽくて良いですこれ。好きって大事なんだなぁと痛感するとともに、久方ぶりに改めて何か作ってみようかなーという気持ちにさせられました(下手の横好きかつ絶対途中で面倒になって即 To Be Continued… で終わらせちゃいそうだけどw)。

 

一人だと心が折れてしまいそうなので誰か一緒に何かやりません?w

 

2011年9月5日 at 9:44 PM Comments (0)

PC(TOWNS)ネタのアップデート

 

http://takase.reality-marble.net/contents/?page_id=1745

飽きずにアップデート。今回はFM-TOWNSにDebian/Linux+ApacheでWebサーバ構築、のメモです。

あぁ、たうんず萌え♪

 

2011年5月15日 at 4:07 PM Comments (0)

PC(TOWNS)ネタのアップデート

 

http://takase.reality-marble.net/contents/?page_id=1494

先週に続きアップデート。TOWNS-OSでWebサーバ構築までメモりました。

続きは来週にでも。。

 

2011年4月23日 at 2:50 PM Comments (0)

PS3 Media Server でDNLAサーバ構築&HX800・PS3で共有

 

MediaTombでDLNAサーバ構築+PS3で共有
で、PS3での再生までは問題なくいけたMediaTombですが、Bravia HX800 から一向に認識できず。仕方ないので、別のDLNAサーバを試してみることに。あれやこれやと探してみたところ、

 

 

辺りが Bravia もよしなに認識してくれるらしい。

我が家の環境だと HX800 と PS3 両方あるし、そもそも HX800 では再生できない形式が多い気がしたので、トランスコードにも対応しているもの、ということで自動的に PS3 Media Server に大・決・定!ということで構成はこんな感じ。

 

 

インストールはドキュメントを参考にすればそんなに難しいものではないかなと。また、試した時点での PMS のバージョンは1.20.412 ですが、これ以降のバージョンであればまぁたぶん動くでしょう。

 

で、結果。HX800単独の場合、トランスコード無しで再生できるものは快適に視聴できたものの、有りの場合は引っかかりが激しくてまともに視聴できず・・・サーバ・クライアント間の接続が無線とはいえ、そこそこの速度は出ていながらこれはいただけないなぁ。

一方、PS3で見た場合、どちらも快適に再生できました。同じネットワーク上で、接続速度もほぼ同等だったことからすると、単純にBraviaのスペックが低いのか、PS3が思いのほか高機能なのか・・・まぁ、トラスコ無しで再生できる形式はPS3の方が圧倒的に多いので、素直にPS3を再生機にするのが正解かもしれない。

 

HD画質でバッチリ再生できました(動画じゃないけどw)。

 

こちらはトランスコード再生でもまぁまぁいける、の図(こっちは動画・音出るんで気をつけてください)。

 

最初は低SpecなLinuxサーバ上にPMS載せて試してましたが、クライアント側からうまく認識しない時がある&トランスコード時にサーバが落ちることがある、という微妙な状況だったので、最終的にはWin版で諦めました・・・やっぱりWindows最高!w

 

全然関係ないけど、これ試してる時に初めて、PS3のコントローラがワイヤレスでも使えるということに気づきました・・・PS3をクライアントに使うにはコントローラの届くところじゃないとなー、なんて思ってましたが、そんなこと気にするまでも無かったのですね。。

 

2011年4月17日 at 11:28 PM Comments (0)

« Older Posts

1 / 3123

Get Adobe Flash player