Reality Marble

空想は具現化する?

EVスポーツ「Tesla Roadster」で七里ヶ浜 bills & more »« 龍勢祭、いよいよ明日!

【あの花】龍勢祭いってきた@2012/10/14(Sun)【ロケット】

龍勢祭とは?

「椋(むく)神社秋の大祭」に奉納する神事として、代々伝承され続けてきた「手作りロケット」のことです。櫓にかけて打ち上げる様が、龍の昇天の姿に似ていることから龍勢と呼ばれています。ロケット推進の噴射によって約500メートルの高さまで上昇するもので、土地の古老より構造や火薬の取り扱い方などを伝承した若衆が製造します。伝承技術の相違によって27流派あり、それぞれが独自の工夫をこらすため、各龍勢も個性的なものに仕上がります。観客が打ち上げの成功を一喜一憂する中、10数分おきに30数本の龍勢が打ち上げられます。

 

はい、今年も行って来ました!秩父吉田の龍勢祭!

特定の方々には、もはや説明するまでもないですが、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で、めんまのお願いを実現しよう!と、超平和バスターズが打ち上げたロケットの元ネタがこの龍勢祭です。昨年から、あの花オフィシャル+ファンがこの龍勢を奉納するようになって、2011年はめんま役の茅野愛衣さんが口上をつとめたりして盛り上がりました(2011年の模様はこちら!)が、今年はつるこ役の早見沙織さんによる口上で、無事にロケット打上が成功しました。

 

超平和バスターズ、龍勢打上!

Xperia rayで撮影。11分49秒。YoutubeのHD相当画質。

今年もオトナの事情により手ぶれが酷かったりする部分も多々ありますが、音声はちゃんと入ってます。。

  • ~05:13:秩父市長挨拶
  • 05:14〜:早見沙織さんによる「あの花」紹介
  • 06:40~:愛火雲流による龍勢紹介
  • 07:27〜:早見沙織さんによる口上
  • 10:40~:龍勢打ち上げ、大成功!

 

2013年夏にはあの花映画化も予定されてることですし、また盛り上がる事でしょう!

来年はできれば桟敷席で見学したいなぁ・・・あと、いつかは一発奉納をしてみたいところです。毎年、10月の第2日曜日(2013年は10月13日です!)に開催されるので、行ってみたい!という方はお声がけいただき、今から予定をあけておいてください!w

 

その他、動画以外にパシャって来た写真を以下につるしておきます(続きを読むからどうぞ)。

 

 

朝、秩父ミューズパークに集合して、いざ現地へ!

7時半くらいに会場入りしましたが、狙っていた第6駐車場はギリギリでセーフ。まぁでも、このくらいの時間なら第3駐車場がだいぶ余裕あったので、それ程困るという事もなかったですが。。ちなみに、写真撮らなかったですが、私の車の近くにも、あの花の痛車が止まってました。

 

パンフレットもらって、いざ一般無料席へ!ていうか、有料席、空きありました・・・転売風な感じでしたがw

 

龍勢の打上成功例

ロケットに点火されると、白煙を上げ、轟音とともに空高く舞い上がります。

 

ただ打上るだけではなく、上がりきるとロケットに積んだ仕掛け(落下傘とか)がちゃんと開かないと完全に成功とは言えません。

その成功率は60〜70%とも言われているそう。

 

綺麗に開きました!凝ったヤツだと、落下しながら更に色とりどりの火花が空に描かれます。

 

大成功!

 

龍勢打上失敗例

2012年最初の失敗。発射台から飛び出してすぐに落下してしまいました・・・。

この後も、上空まで飛んだは良いものの不発、発射台がら全く上がらずに爆発など、今年もうまく上がらないケースがそこそこありました(前半は調子よかったんですが、午後から失敗が多数・・・)。奉納者の方々には申し訳ないと思いつつ、コレもまた見学者としてはドキドキ感満載な醍醐味の1つです。

 

椋神社例大祭祭典

11時くらいからの1時間は龍勢の打上等も休止して、神社の例大祭祭典が執り行われます。

 

厳かな雰囲気です。

 

打上後の山肌

ロケットに搭載された落下傘などは当然ながら山に落ちて来ます・・・これ、片付けるの大変なんだろうなぁ。

そもそも、どうやって回収しに行ってるのかとか、今度機会があれば聞いてみたいなw

2012年10月15日 at 7:16 AM
Leave a Reply or trackback


Get Adobe Flash player