Reality Marble

空想は具現化する?

小畑由香里、懐かしすぎる。。 »« 自宅サーバ&Blog復活

RTL8111/8168BなNICをCentOSで使うときの注意点

CentOSだけの話じゃないかもしれませんが。
RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller なNICをCentOSで使おうとした時に、そこそこはまったので備忘録的にメモ。

現象としては、前日までは使えていたものが急に通信できなくなり、その後はnetwork restartもOS自体の再起動も効果が無く完全沈黙、という状態・・・。で、何が原因だったかというと、何かのタイミングでr8169のドライバがインストールされてしまっていた模様。

以下、状況の確認と対処。

$ /sbin/lspci | grep Ether
01:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)

ここで RTL8111/8168B が出てきたら、以下のように確認。

$ /sbin/lsmod | grep r81
r8169????xxxxx?????x

という感じで、r8168 でなく r8169 となっていた場合、誤ったドライバがインストールされてます。

ここから、正しいドライバの再インストール。

# RealTek社からドライバをダウンロード
# USBメモリでも何でも適当な手段でサーバ上のどこかにupする

# r8169の削除
rmmod r8169

# r8169.koの待避
updatedb
locate r8169.ko
mv /lib/modules/2.6.18-xxx.x.xx.el5/kernel/drivers/net/r8169.ko ~

# modprob.confの書き換え
vi /etc/modprobe.conf # r8169をr8168に変更

# 再起動
reboot

# ドライバインストール
tar vjxf r8168-8.xx.xx.tar.bz2
cd r8168-8.xx.xx.tar.bz2
make clean modules
make install
depmod -a
insmod ./src/r8168.ko

#NIC認識の確認
lsmod | grep r8168
ifconfig -a

2009年11月18日 at 5:49 AM
1 comment »

Trackbacks/Pingbacks
Leave a Reply or trackback


Get Adobe Flash player